足がむくみやすいので靴下が嫌いな女性向けの靴下です

靴下を履くことが嫌いな方、結構いらっしゃると思います。その大きな理由の1つが、靴下の履き心地にあると考えています。履き心地を左右するのが「足首を止めるゴム」と「化学繊維の割合」です。

市販されている靴下の多くは、化学繊維(ナイロンやポリエステル)などを使っています。大手アパレルメーカーが化学繊維を活用する背景には、大きく2つの理由があると考えられています。

1つは単純に、最も安い繊維が化学繊維だからです。化学繊維の価格をベースにすると、天然繊維は素材によって価格差はありますが、およそ2倍〜7倍の価格差があります。

もう1つは、安定した生産を実現するためです。化学繊維を使えば、熱処理で一定のサイズに固めることが出来ます。そのため、機械化並びに大量生産が可能になるという側面があります。安くて、整形しやすくて、機械生産ができて、大量に生産できる化学繊維は、販売力のある大手メーカーにはもってこいです。工業化され、生産拠点が一気に海外に移ったのが靴下ですけど、こういう化学の進歩と無縁ではないでしょう。

裏返すと、ゴムがなく肌に優しい天然繊維の靴下であれば、締め付けからは開放され、足の肌に優しくフィットしてくれる靴下になります。足がむくみやすい方でも、可愛く履いて頂けます。靴下は履きたいけど、市販のソックスだとゴムの締め付けでむくみがあって不快なので、あまり履きたくない。

そんな方に、是非一度試してみてほしいのが、私達ハミングバードのストレススリーソックスです。

見ての通りで、めちゃくちゃ伸びます!

通常の靴下は足首のところにゴムが入っていますが、ストレスフリーソックスは一切ゴムを使っていないです。靴下の締め付け感から開放され、履いている感がないのが最大の特徴です。履き口を持って一気に足に入れ、最後にかかとやつま先を合わせて頂くと、ちゃんとフィットします。足の大きさと足首やふくらはぎの形状に合わせて、止まります。ゴムがないので多少のズレはありますけど、脱げたり不快を感じるレベルではありません。24cm〜31cmまで対応しています。

ゴムがないのに足にフィットしてズレを最小化する技術。これが、日本の職人技です。編み目が非常に細かく、一目一目丁寧に編み込んでいます。一つの目飛びもないように、ミリ単位で編み込んでくれているから、このソックスを作ることが出来ます。

ストレスフリーソックスのショップページへ

お手にとって見たい方は、東京になってしまいますが、直営店舗に足をお運び頂ければ幸いです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

作り手のご紹介

商品一覧

PAGE TOP
ハミングバード・プロジェクト (HummingBird Project)