アバカ舟形バック(巾着付き)

Hummingbirdの一番大事にしている素材にもきちんとこだわり、アバカ(マニラ麻)を使用。
巾着の部分も職人さんが全て手縫いで均一に編み込んでいます。

「中身が見えてしまうの不安」、
「アバカの繊維で中の物が傷つくのがいやだ」、
「持つ時痛い」などの問題も、今回は巾着をつけ中布も入れました。

更に持ち手にはグログランテープ巻いているため、なんの心配もございません。
是非一度持ってみてください。アバカは可愛いですよー??

アバカ舟形バック(巾着付き)

又々流行りのカゴバックです!!更に巾着をつけました!!
ただHummingbirdの一番大事にしている素材にもきちんとこだわりました。

今回も前回同様アバカ(マニラ麻)を使用しています。主にカゴバックにはサイザル麻とアバカ麻の2つに別れます。
バックのイメージではアバカは高い、サイザルは安いというイメージがあると思います。
相場で考えるのであればサイザルバックは4,000円~10,000円に対し、アバカバックは5,000円~30,000円と比較的高い事が多いです。
では、何故その値段の差が生まれるのか説明していきます。

・サイザル麻
 通気性が高く、清涼感がある、触ったときにチクチクする
 フィリピン、ケニア、タンザニア、ブラジル、メキシコが主な産地です。
・アバカ
 繊維が強い、軽い、耐水性がある、通気性が高く清涼感がある。
 触ったときにチクチクしにくい。
 フィリピン、エクアドルが主な産地です。
アバカは素材が良く、希少価値も高いんです!!だから値段も高いんです。

Hummingbirdでは工場にも拘っています。
工程としては作る個数を決め、それに合わせアバカを色ごとに同時に染色、色止めを行い、出来上がり次第木型に沿って職人さんに編み込んでもらいます。
最後に日本に輸入をする時X検査にもかけます。
ですから、形ボケ、色ボケもほとんどなく、色落ちもしにくく、もちろん異物混入やカビもありません。

そして、今回前回に比べ更にグレードを上げました。
工場ももちろんのこと、今回のアバカの素材は一級品です。ハイブランドが使用している素材となんら変わりございません。

更に綺麗で繊細で柔らかいものを使用しています。
ラウンドバックは6,800円で安い。ただライナーがつくだけなのに、9,800円もするのなんで??と思いますよね。
もちろん相場で見るのであれば安いですが、理由は2つあります。
1つ目は、巾着の部分も職人さんが全て手縫いで均一に編み込んでいるからです。
布ミシンは針が折れてしまい革のミシンですら針が曲がってしまうのです。

もう一つは輸入コストです。
本来素材もすべてこだわっているメーカさんは、編み立てたそのままのバックにあんこに入れてフィリピンから輸出します。
そうするとダンボール1ケースに4~8個入ればいい方です。海外からの送料が高い!!!無駄なお金が増えるだけです。
そこで我々は輸入コストを極力下げるために折りたたんで輸入しますが、巾着アバカに関しては潰し過ぎてしまうと、
中に巾着が入っているため型直しの際に、濡らしすぎてしまうとカビになる可能性が発生いたします。
ですから優しく折りたたむ程度で我々に納品され、軽い水かけで型が治るようにするには1ケース25個しか入らなくなるからです。

必ず我々の手を入れ一つずつチェックしている分不良品もほとんどありません。
「中身が見えてしまうの不安」「アバカの繊維で中の物が傷つくのがいやだ」「持つ時痛い」などの問題も、今回は巾着をつけ中布も入れました。

更に持ち手にはグログランテープ巻いているためなんの心配もございません。
是非一度持ってみてください。アバカは可愛いですよー??

私達は大好きです

 

【生産地】 Made in フィリピン
【混率】 マニラ麻100%
巾着:ポリエステル
【お手入れ方法】 水洗い
【上代】 9,800円
【注意事項】 直射日光で乾かすと紫外線で色が焼ける恐れがあります。
湿気がある場所で長い間放置するとカビが発生する恐れがあります。
濡れた場合は巾着の中のアバカも乾くまできちんと乾かしてください。
PAGE TOP