使う人を想うものづくり

我々Hummingbirdは、工場さん・スタッフ一同・小売店様、
そして一番重要なHummingbirdをいつも購入して下さっているお客様。
全ての方が喜び楽しんで頂ける物作りを大前提にし、立ち上げたメーカーです。

工場さんには「お前らの商品は造っていて楽しい」と言っていただき、
Hummingbirdスタッフは自らの商品に自信を持ち、
小売店様には、商品の素晴らしさを楽しみながら語り広めていただき、
お客様には満面の笑みで「買ってよかった!」と
喜んで使用していただける商品にするため、
「使う人を想い企画」・「使う人を想い造り」・「使う人を想い販売」
そして「使う人に喜んでいただく」
関わる人全員が繋がり、意見が飛び交い最高の商品を作る。

色んな人々が使う人を想って物作りをしていく
そんな『使う人を想うものづくり』を貫いていきます。

ブランドポリシー

「スタンダード」に、ちょっとした遊び心を添えて

今の世の中は、良くも悪くも沢山のモノで溢れています。
そんな時代に、より皆さんの毎日を楽しくできるものは何なのか。
そんなことを考え続けていたら、1つの答えにたどり着きました。

それは「スタンダード」であること。

スタンダードの上に、ちょっとした遊びを添えて
あなたの毎日をそっと彩りたい。

小さなハチドリは生きるために懸命に羽ばたきます。
しかし、見るものを魅了する美しさも兼ね備えています。

私たちは、まじめにモノを作る。
そこに美しさを添えて。

品質へのこだわり

我々Hummingbirdはお客様に喜んで頂ける商品を作るため、
商品にする前に絶対にやらなければならないことがあります。
それは“使う事”と“確認する事”です。
これだけは絶対に怠ることはしないと決めている部分です。

販売前に社員全員で商品を使う


まず商品サンプルができた際には社員全員で最短でも一ヶ月は履き倒します。
履いた際の欠点や利点を全てまとめその中でまた修正が必要であれば、職人さんと、話し合い作り直す、そしてまた履き倒す。
これをとにかく繰り返します。
その中でどうにもならないサンプルは時間をかけるだけかけ、ただのボツ商品になることもあります。
「勿体無い、どうせ分かりはしない、80点で充分だよ」
なんて声が入ることも時にはあります。
それでも私たちは一切聞く耳は貸しません!

Hummingbirdが100点だと思った商品を出し続ける。
それが良い商品を取り扱うに当たり絶対に必須の条件だと思っています。

徹底的な検品作業


Hummingbirdの商品は必ず一つ一つに目を通し触り、確認します。
いくら忙しく、商品が納品できなくなったとしても、必ず検品をします。
検品ができていない商品をお客様のもとに納品することは絶対にいたしません。
全てHummingbirdスタッフの手で触り、目で確認し、OKが出たものを包装し始めて完成です。
検品している状況をYouTubeにて動画も載せてありますのでぜひご覧ください。

このようにして我々Hummingbirdは【不良品0】を目指し、
お客様に自信を持って提供できる商品になるよう日々精進しております。

なぜ国産にこだわるのか

なぜ“日本製”が、こんなにも世界中から注目されるのか?それは『安全』だからです。

なぜ輸入品は安全じゃないの?

それは、輸入される大型コンテナ船の中で、衣料品は害虫などの外来種を日本国内に持ち込まないようにコンテナごと害虫駆除の薬品漬けになるからです。
(大量に強力な薬品を炊き続け、煙を充満させるようなイメージ)
そのように、海の上で何日間か害虫駆除の期間を経て初めて日本の港に陸揚げされています。

ハミングバードの前身も、中国製のエプロンやパジャマを取り扱っておりましたが、
10年前に中国製品の取り扱いは全て止めました。

当時は、輸入した段ボールを開けると、見たこともない虫の死骸とご対面することも多々ありました。
薬品のニオイが付着してしまい、出荷不可能となる経験もしました。
実際に、中国工場の水質汚染や廃棄汚染等の悪環境は目を瞑りたくなる悲惨な状態でした。

スタッフのアレルギー発症をきっかけに改新へ

一番辛かったのはアレルギーの発症です。
薬品の付着した衣料品を何年も扱い続けたことの結果でした。

薬品でアレルギーを発症し、発作と闘うことも、そんな製品をお客様に提供することも間違っていると考えを改め、
日本工場での安全な商品へと方針を変えました。

それでも輸入品を否定することはしたくないと思っています。
安価で便利で、今の日本人には欠かせない流通です。
わたしたちも日常的に衣類の輸入品を購入しますが、必ず洗濯を2〜3回してから着用するようにしています。
しかし、一度発症してしまったアレルギーは、今度は化学染料の入った洗剤にさえも反応してしまいました。

近年の日本人のアレルギーの多さは、大気汚染も含め、輸入品との因果関係もあるのではないでしょうか?

毎日の暮らしを豊かにする商品づくり

食品も、衣料品も、丁寧に洗ってからお使いいただきたく、スタッフのアレルギー経験談を書かせて頂きました。
安全・安心とともに、毎日を豊かで楽しい暮らしの為に小さくとも何かお役に立てたなら、この上ない幸せです。

知識の無さに、たくさんの間違いを繰り返し生きてきました。
その過ちから、正しいことを学び、商品に生かしてまいります。

PAGE TOP